保育士専門学校は実践力が身につくのが特徴

保育士になるためのルートには、専門学校を卒業する方法が一つあります。指定保育士養成施設として認定されている線学校は、卒業するとそのまま資格を取れるからです。ほかには大学や短期大学、試験に合格するといったルートがあります。専門学校はほかのルートと比較して良い点は、実践力が身につくことです。

すぐに役立つ能力育成重視の専門学校は、現場での実習が多めです。そのため、保育士になってそのまま生かすことのできる力が身に付きます。学費も、大学や専門学校に比べると安いです。2年間であるため、大学のように4年分学費を支払う必要もありません。

独学で合格することができれば試験を受けるだけで安くなりますが、実際のところ独学での合格は難しいです。結果的に通信講座等を利用することになりますが、それを利用したからといって確実に受かるわけでもありません。そう考えると、確実に2年で資格が取れる専門学校の利点は大きいといえるでしょう。学校は二タイプあって、一つは厚生労働省の指定のみで、幼稚園教諭の資格が欲しい場合はダブルスクールをする併修校です。

もう一つは、文部科学省の指定も受けているため、両方の資格をダブルスクールをしなくても取れる指定校です。わかりやすいのは指定校ですが、併修校は短大卒の資格も取得することができるメリットがあります。いずれが良いかは将来どうしたいかによって異なるため、よく考えてえらぶと良いでしょう。大阪の美容学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です