専門学校で保育士の資格を取る

専門学校に通いつつ保育士の資格取得を目指す。専門学校と言えば、高校を現役で卒業した人が通学するものと考えている人がいるかもしれませんが、その中に社会人の人も通学している事があります。これは、日中のみの通学の全日制のほかに夕方から講義が始まる夜間クラスがあるためです。この夜間クラスに社会人の人が通っているためです。

高校を卒業した場合にさらに上の学校に進学する場合は、どうしても学費の面で悩んでしまいます。保育士を目指す場合も、短期大学に進学するか専門学校に進学する事になりますが、いずれも学費が高いです。この高い学費で断念する人がいます。そして、社会人になりある程度の収入を得ている社会人の人が保育士資格取得を目指して通学しているというわけです。

この夜間クラスは、社会人の人にとりましてメリットがあります。まず、講義は夕方から始まりますのでクッキングスクールに通う気軽な感覚で通学できる点です。夕方からの通学ですので、今の会社を退職してまで通学する必要がありませんので、職を失う事はありません。そして、社会人ですので月々の給料とボーナスが支給されますので学費で困るという事はありません。

そして、保育士資格は国家資格ですので履歴書に書ける資格が増えるという三点のメリットがあります。そして、専門学校を卒業後は保育士として勤務できる保育園をあっせんしてくれます。このように考えますと、これは通学するというよりも一種の転職活動ととらえられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です