専門学校で保育士になろう

保育士になるためには、厚労省の国家試験に合格しなければなりません。幼稚園の先生の場合は、同じく国家試験の文科省の試験に合格しなければなりません。混同している人が居るかもしれませんが、この二つの国家試験は全くの別物ですので注意が必要です。では、保育士になる場合はどうしたらよいのか。

大抵の人は、高校を卒業した場合に四年制大学か短期大学か専門学校に通学する事になります。四年制大学や短期大学は日中のみの講義で夜間の講義はありません。それに対して、専門学校の場合は日中のみの講義のほかに夕方から講義が始まり夜に終わる夜間クラスの二種類存在しています。この夜間クラスは学校によりましてある所とない所があります。

では、この夜間クラスはどんな人が来るかといいますと、今現在会社勤めをしている人たちです。高校時代の進路相談で保育士になるため短期大学か専門学校を希望していたけど、家計が厳しくて学費が出せないのが原因で一度諦めてしまった人が多いです。そんな人が、違う仕事についてある程度の収入を得られるようになってから再び保育士になろうと思うようになったためです。夜間クラスであれば、今の仕事を辞める必要がありませんし、会社帰りに通学できます。

そして、専門学校卒業後は保育士の資格を取得できますし、就職先も専門学校側が保育園をあっせんしてくれたり紹介してくれたりします。つまり、転職する場合には最高のルートだといえます。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です