専門学校で保育士を目指すとスムーズに現場で働けます

保育士の資格を取るには、養成施設を卒業する方法と国家試験に合格する方法があります。養成施設には4年制大学や短大もありますが、オススメは専門学校です。なぜなら卒業と同時に資格を取得することができるからで、基本的に2年で取得できます。無理なく通える時間帯のコースを選ぶことができ、学校によっては幼稚園教諭などの他の資格を取得することも可能です。

保育現場ですぐに役立つ知識と技術を学ぶことができるのが最大の魅力と言えるでしょう。保育士になるために専門学校を選ぶメリットは色々あり、4年制大学に通うことを考えると学費が安く済みます。2年間で保育の知識と技術を詰め込むのでやや忙しさは感じますが、保育に特化しているのでしっかり学ぶことができます。保育士として早く現場で活躍したい人にとっては理想的で、費用を抑えて確実になることが可能です。

また充実した就職サポートを受けることができるので卒業後も安心です。保育士の専門学校には指定校と併修校があり、指定校は厚生労働省と文部科学省の指定を受けているので卒業すると、幼稚園教諭の免許も取得することができます。併修校の場合は厚生労働省の指定のみになるので、同時に幼稚園教諭の免許を取得する場合、短大などの通信教育課のカリキュラムを修了する必要があります。保育士の専門学校には3年制もありますが2年制が主流です。

中には夜間課程を設けている学校もあるので、そうした学校を利用すれば働きながら資格を取得することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です